胸ニキビ

胸ニキビの原因

胸にきびって知ってました? 

デコルテニキビとも言うらしいです。

鎖骨周辺や胸の谷間あたりにできるにきび。肌を隠している時期にはあまり気にしていない人も多いですが、顔に出来るにきびや、背中ニキビについで多いそうですね。

普段は服に隠れて見えなくても、水着や胸の空いた服を着たときに、赤いぶつぶつが目立つのは困ります。軽く見ているとシミのように色素沈着が起こったり、ニキビ跡が目立つのも困ります。

にきびのできる直接の原因は、どのにきびも同じで、毛穴に汚れや余分な皮脂が詰まることによってできます。胸という場所は、汗もかきやすく皮脂の分泌も多い場所でしかもたまりやすい場所のため、にきびが出来やすいんですね。かいた汗や分泌した皮脂をその都度拭き取ることのできる場所でないということが、毛穴を詰まりやすくさせます。

その上、身に付ける下着や衣類も化学繊維のものや、圧迫をするものが多く、通気性が悪い上に肌への刺激も多いです。頻繁に着替えることも難しいので汗や汚れが付いたままの状態であることが、また、毛穴を詰まりやすくさせ、加えて過剰な刺激を与え、にきびの悪化や繰り返しを起こすようです。

また、にきびのできる原因としてよく取り上げられる石鹸、シャンプーなどの流し残しが起こりやすい場所でもありますね。

その他の要因として、胸ニキビができるのは大人になってからが多く、新生活を始めたりして、生活習慣や食生活の変化や乱れ、ストレスの増加などが大きな要因となっています。

胸ニキビの改善と予防(スキンケア)

 

暑くなると薄着をしたいし、胸の大きく空いた服も着たい。
でも、、、、

できてしまっている胸ニキビを改善するには、スキンケアと生活改善。
生活改善をしながら、にきびができにくい肌を作るのが一番です。
そのために行うことは、正しい食生活、十分な睡眠、ストレスの軽減、正しい洗浄習慣、保湿です。

比較的早く効果が出るのは、正しい洗浄とスキンケアは 

洗浄に関しては、胸元というのは顔と比べると皮膚が硬くなっていることが多いですから、肌が比較的強い人はピーリング成分の入った石鹸と専用のローションを使うと良いようですが、肌のデリケートな人はかえってひどくなることも。

顔と同じように細かい泡を立て手で優しく洗うというのが最も一般的です。私の場合は手早く済ませたいということもあり、泡立てる必要のない洗顔クリームを兼用しました。こういった洗剤についてはお肌に合う合わないで決めるのが一番だと思いますよ。ゴシゴシ洗うのだけは禁物です。

因みに私が使っているのは、敏感肌でもOKな洗顔クリーム⇒b.glen クレイウォッシュ

こうした洗剤の選択も重要ですが、もっと気をつけなければならないのは、石鹸や汚れ等の流し残し。お風呂に入って髪を洗ったり、顔を洗ったあとのシャンプー、石鹸、リンスなどを洗い流したあと胸元などにのこる流し残しというのは、毛穴を詰まらせる原因となるものです。洗う順番も含めて、しっかりと洗い流しましょう。


続いて重要なのが保湿。
顔などのお手入れでは、洗顔のあと、化粧水、保湿用のクリーム、皮膚に必要な栄養を含んだ美容液などと使いますが、ボディーにもこうしたスキンケアは必要です。

洗浄の後、保湿用のローションやジェルは最低限使用したいところです。特に、今ある胸ニキビを改善するには、コラーゲンやプラセンタなどの美容成分が配合されたジェルや美容液で保湿をしましょう。

一般的なボディ用の保湿クリームは油分が多く用いられたりしますので、ニキビ跡、シミなどをケアすることに特化しているような保湿クリームを選んでください。

私のおすすめはクリスタルモーションとジュエルレイン

クリスタルモーションは胸のニキビ専用の薬用美容ジェルとして開発され、9種類もの天然植物エキスと厳選された美容成分を潤沢に配合しているうえ、低刺激で敏感肌の人でも使えると評判です。

Crystal Motion(クリスタルモーション)の詳細はこちら

 

もうひとつのJewelRain(ジュエルレイン)は、鉱物油やアルコールを含まず効果があると口コミで評価の高い製品です。

ジュエルレイン 詳細はこちら

加えて、もし、胸ニキビが悪化していたり、ニキビ跡・シミ等が気になるならビタミンCが配合された化粧水を加えたらいいです。ビタミンCが肌に良いことは今更説明はいらないと思います。ニキビ跡、シミ等の改善の効果は折り紙つき。私も胸だけでなく気になるところには、持ち歩いて、1日に何度もピンポイントで使ったりしています。

おすすめは⇒b.glen Cセラム

こうした、顔などと同じような正しいスキンケアを行うことが、現状の胸ニキビを改善する一番の近道です。